上尾市・桶川市、その近隣の方の動物(犬・猫)病院、大切なペットを病気やけがから守ります。フィラリア・狂犬病等の予防に、犬・猫混合ワクチン注射もご相談下さい。





☆混合ワクチン
8種(1)〜(7)
5種(1)〜(5)
(1)システレパー 
(2)パルボウイルス 
(3)犬伝染肝炎
(4)アデノウイルス感染症 
(5)パラインフルエンザ感染症
(6)レプトスピラ病(2種類)
(7)コロナウイルス感染症
(1)システレパー 
(2)パルボウイルス 
(3)犬伝染肝炎
(4)アデノウイルス感染症 
(5)パラインフルエンザ感染症
☆狂犬病
生後91日齢以上の仔犬は狂犬病予防法によって登録(初年度のみ)及び注射をしなければなりません。

☆フィラリア
蚊に刺されることによって、心臓にフィラリアというソーメン状の虫が寄生することによって起こる病気です。
症状:
運動するとすぐ疲れる。咳をする。喀血する。腹水が溜まる。食欲がなくなり、赤い尿をする。
予防:
ひと夏以上過ごした犬は、毎年5月頃血液検査をし、11月いっぱい予防します。
   予防方法は、錠剤、顆粒剤、注射等があります。

☆混合ワクチン
5種(1)〜(5)
3種(1)〜(3)
(1)ウイルス性鼻気管炎
(2)パルボウイルス感染症
(3)カリンウイルス感染症
(4)クラミジア感染症
(5)猫白血病ウイルス感染症
((1)ウイルス性鼻気管炎
(2)パルボウイルス感染症
(3)カリンウイルス感染症
上記の犬猫の各予防方法についての詳細は来院時にお尋ね下さい。

ペットドック(定期健診)について

最近はワンちゃんネコちゃんも人と同様に高齢化傾向にあります。
ワンちゃんネコちゃんは6〜7歳を過ぎるとすでに中年齢期になり、歯石の沈着、歯肉炎、心臓疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、内分泌疾患、特に腫瘍発生頻度の上昇が見られてきます。
これらの多くは、血液検査、尿検査、レントゲン検査などで詳しい検査をすることによって早期に発見できます。中年歳期を迎えたら、健康を維持する上でペットドック(定期健診)をお勧めします。
ワンちゃんネコちゃんの加齢に伴う老化現象は避けられない問題ですが、長い間家族の一員として健康で長生きできるように当院では、通常より低料金にて総合的なペットドック(定期健診)を行っています。


問診、身体検査、便検査、尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、心電図検査
      \28,400(通常) 
\20,000(ペットドック)


問診、身体検査、便検査、尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、心電図検査
      \26,400 (通常)  
\18,000(ペットドック)

猫エイズ、猫白血病ウイルス感染症の検査を同時に希望される方は\4,000プラスになります。

※暴れてしまうワンちゃん・ネコちゃんであれば全ての検査ができない場合がありますのでご了承下さい。


TOP施設案内|予防注射|求人案内

Copyright(c) 2006. Miura Animal Hospital. All rights reserved.